安全性を確認して育毛剤を利用する|品質がいいものは効果も高い

メンズ

副作用の注意点

メンズ

医師に処方してもらうこと

男性型脱毛症はプロペシアを飲むことで進行を止めることができます。プロペシアは薄毛を改善する効果がある、世界で初めて開発された薬です。日本ではクリニックや海外からの輸入代行サイトなどで手軽に手に入ります。ただし、プロペシアは医薬品なので、副作用のことをしっかり理解してから服用することが大切です。報告されているプロペシアの副作用には、肝機能障害、発疹、めまい、精子運動量低下、勃起不全などがあります。特に男性の生殖機能に関わる副作用が多くあるようです。プロペシアの有効成分フィナステリドには、悪玉男性ホルモンや、5αーリダクターゼという男性型脱毛症の原因物質を阻害する効果があります。そのため、プロペシアを服用すると生直機能に関わる副作用が起こりやすいのです。しかし、医師に検査や診察をしてもらい、正規ルートで手に入れることで、副作用のリスクを軽減できます。輸入代行サイトは比較的安く手に入りますが、偽物が出回っている可能性もあります。そうすると副作用の危険性が高くなります。安全に服用するには、病院に行って医師に処方してもらうことが大切です。東京都内なら薄毛治療をしている病院でプロペシアを処方しています。東京近郊に住んでいる人なら、まずは東京の病院で医師に薄毛の状態を診てもらうことをお勧めします。東京の病院なら最初にカウンセリングや精密検査をして、耐性がある体質の人だけにプロペシアを処方してくれます。